♪ さくら ・♪ 春の小川

♪ さくら

桜の画像をクリックでメロディーが流れ クリックで閉じます


<<  
 
  私が小学校で習った「さくら」

「さくら」

さくら さくら
やよいの空は
見わたす限り
かすみか雲か
匂いぞ出ずる
いざや いざや
見にゆかん





今はこの様に歌うらしいですね

「さくら」

さくら さくら
野山も里も
見わたす限り
かすみか雲か
朝日ににおう
さくら さくら
花ざかり






♪ 春の小川

小川の画像をクリックでメロディーが流れ クリックで閉じます


<<

世代を越えて歌い継がれている文部省唱歌「春の小川」
この歌詞の改変が2度行われているのですね。

私が憶えて居る歌詞は1942年版のものです。
さて皆さんは?



【1912年(原詩)】

「春の小川」

一、春の小川は
  さらさら流る
岸のすみれや
  れんげの花に
にほひめでたく
色うつくしく
  咲けよ咲けよと
ささやく如く

二、春の小川は
さらさら流る
  蝦やめだかや
小鮒の群に
今日も一日
ひなたに出でて
  遊べ遊べと
ささやく如く

三、春の小川は
さらさら流る
歌の上手よ
いとしき子ども
聲をそろへて
小川の歌を
うたへうたへと
ささやく如く




【1942年・・・国民学校への移行に伴い教科書が改訂】

「春の小川」     

 一、春の小川は
さらさら行くよ
  岸のすみれや
れんげの花に
すがたやさしく
色うつくしく
咲いてゐるねと
ささやきながら

二、春の小川は
さらさら行くよ
えびやめだかや
小ぶなのむれに
今日も一日
ひなたでおよぎ
遊べ遊べと
ささやきながら




【1947年】
「春の小川」

一、春の小川は
   さらさら行くよ
岸のすみれや
   れんげの花に
すがたやさしく
   色うつくしく
咲けよ咲けよと
ささやきながら

二、春の小川は
さらさら行くよ
えびやめだかや
小ぶなのむれに
今日も一日
ひなたでおよぎ
遊べ遊べと
ささやきながら





ウィキペディアを参考にしました。
時代と共に歌詞は変わる?
納得はいきますが・・・
私は「春の小川」の原詩がこの様なのとは全く知りませんでした。
追記:(15日20時)
現在は1942年版か1947年版のどちらを取り入れるかは学校によって違うそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

唱歌が このように改編されているとは知りませんでした
私は1944年の生まれですが 「春の小川」は 1942年のもので覚えています
札幌も この数日で劇的に雪解けが進みました
森も 土の部分が多くなってきました
お日様の力は 凄いですね
桜の開花予想は 5月5日です
先週は 10日と12日の2回 仕事で出勤したため
コメントが遅くなりましたことを お詫び致します

今晩は♫

くりちゃん
さくら桜♫
私は、初めのです・・・
春の小川は
【1947年】のです。
歌詞が変わっているんですね~
くりちゃんは、色々と知っていますねぇ
今日は暖かかったね。

こんばんは~♪

「さくら」の歌詞が今は変わっているんですね。
知らなかったですよ~!
私もくりちゃんが習った歌詞で歌ってました。

「春の小川」は、1947年の歌詞でした。
時代と共に変わるなんて・・・
いいお勉強になりました。

北斗さんへ

1942年のものが情緒があっていい様に私は思います。
札幌の気温が気になっていました。
桜の開花が待ち遠しい事でしょう。
お忙しい毎日が続いていたのですね。

啓さんへ

小川の畔を♪「春の小川」を口ずさみながら散歩していて、撮った画像に
BGMを付けようと、ネットで調べていると、歌詞が変わっていることに気づきました。
面白いですね。知らなかった事が解かると・・・

今日は暖かかったですね。
鯉のぼりが気持ち良さそうでした。

ユメさんへ

「さくら」は前の歌詞の方が良いよね。
情緒があって!
春の小川の原詩がこの様だった事を私も知らなかったわ!
時代にあった歌詞に変更するのですね。

ご無沙汰しました~

長い事お休みしてしまい~何とか復活出来ました
ボツボツですが宜しくお付き合いくださいませ

春の小川 口ずさんでみましたが・・・42年のような気がします
色々変わるのですね~~
桜もあっというまに散ってしまい今年は見て歩けなくてね 
春爛漫外へ出かけようと思っています!!元気をだしてね・・・v-290

こんにちは~

「土手のスカンポ ジャワサラサ~♪」の歌詞が戦後変わったとは聞いていましたが。。。
他にもあるのですね。
知らなかったわ。
「さくら」はくりちゃんと一緒。
「春の小川」は1942年版か1947年かどっちも歌ったような?

古い歌詞でも変えなくても良いと私は思いますけどどうなのでしょうね。
作詞者は草葉の陰で憤慨してないかなあ。

No title

時代とともに歌詞は変わる・・・?
なるほど。そうなんですね。
どの歌で覚えているかで、年代も年齢もだいたいわかっちゃうんだ。
それにしても、昔の唱歌、童謡には素晴らしい歌詞が多いですね。
今の歌謡曲などの歌詞といったら・・・ま、いいか。人それぞれの好みだから。

No title

42年版と47年版は2番は同じなのですね。
私は咲けよ咲けよと習いました。
最近はレンゲが無くなりましたね。
昔は田んぼに尻もちついて座り込んで花輪を編んだものでした。

たなばたさんへ

お元気になられて本当に良かったです。
ブログはマイペースでなさって下さいね。
春の小川は42年の方が私は好きです。
時代と共に変化している歌詞も沢山あるようですね。
今年は桜を見られなかったですね。
春爛漫の今はいろいろなお花が咲き競っていますよ!
さあ、元気出して!前へお進み下さい。

メイさんへ

「土手のスカンポ ジャワサラサ~♪」私この歌は知らなかったわ!
北原白秋の歌らしいですね。
古い歌詞は時代に合わなくなれば仕方ないけど、そうでない限り変えて欲しくないですよね。
ホントね。作詞者に了解を取っているのか!と聞きたくなりますね。

eijiさんへ

そうなんですよ!
どの歌で覚えているかで年代も年齢もばれちゃいます(笑)
昔の童謡、唱歌は言葉が美しい!本当に私もそう思います。
今の歌謡曲は・・・同感です。

シロさんへ

42年版と47年版は2番は同じです。
シロさんは咲けよ咲けでしたか~
そう、蓮華がなくなったね。
今の子供達は蓮華で花輪を作ることなど知らないでしょうね。
今日、少しだけ蓮華を見つけました!
プロフィール

くりちゃん

Author:くりちゃん
宍道湖の夕日に魅せられて
松江に永住する事に決めました

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
goo辞書
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR